最終日【2020年04月03日】
ポカリスエットカップ
準優勝戦は1号艇がいずれも貫禄の逃げを見せる形で、福来剛、平尾崇典、上平真二、中村守成、水摩敦、宇佐見淳が勝ち上がった。福来は2016年3月以来の当地参戦だったが、その時は優勝を決めている。「伸びも負けないくらいになっているし、出足や回り足は自分好みになっている」と仕上がりにも自信を持っている上にスタートも決まっている。今回もインから逃げて4年1カ月ぶりの当地連覇を狙う。
対抗は若松で優勝6回の地元のような実績を持つ平尾で、変わらず展示タイムはトップクラスの数字をたたき出している。納得いく仕上がりではないようだが、「最後はペラをフルモデルチェンジする」と逆転Vを狙った仕様に換えて攻める。安定感ある上平真二に、地元の水摩がスタート攻勢でスロー勢に重圧をかけられるか。中村に、大外でも宇佐見が力強い回り足の仕上がりになっており、伏兵陣の活躍で好配当も狙える楽しみな組み合わせになった。
シリーズインデックス
レース情報


Copyrights BOAT RACE WAKAMATSU